台湾の人気歌手がHighlightヨン・ジュンヒョンの歌を盗作?!

台湾の人気歌手ウィルバー・パンがHighlightヨン・ジュンヒョンの歌を盗作したという疑惑を受けていると14日、台湾ETトゥデイが報じた。

報道によると、ウィルバー・パンが11日に発表した新曲「無眠」が、ヨン・ジュンヒョンが2014年に作った自作曲と似ているという疑惑がオンラインを通じて広がっている。

「無眠」は、ウィルバー・パンと作曲家房振剛が共同作業した曲で、あるネットユーザーが2014年に放送された「SHOW TIME-Burning the BEAST-」の第4回に出たヨン・ジュンヒョン、キム・テジュの曲に似ているという疑惑を提起し、編集映像を製作して公開した。 ヨン・ジュンヒョンが歌った自作曲の一部とウィルバー・パンの新曲のメロディーラインがとても似ている。

また、別のネットユーザーは「無眠」の歌詞がヨン・ジュンヒョン、キム・テジュの曲であるヤン・ヨソプの「カフェイン」と内容が似ていると指摘したりもした。

ヨン・ジュンヒョンの所属事務所Around US関係者は「現在ヨン・ジュンヒョンと会社側が盗作かどうかについて確認している」と明らかにした。また、「該当曲の著作権はCUBEで担当しているため、確認を要請する必要があり、把握した結果、確実に盗作である場合は著作権者が台湾での使用中止を求めたり、正当な著作権料を払って使用するようにすることができる」と明かした。さらに、「法的に確実に盗作であるかはもう少し確認する必要がある。盗作というのは、明白な基準があるものではないためだ」と慎重な姿勢を見せた。

一方、台湾メディアの報道によると、ウィルバー・パンの所属事務所ワーナーは、盗作したとされるメロディー部分は共同作曲家の房振剛が作った」と明らかにするとともに、「ウィルバー・パンも朝、ニュースに接して驚愕した。現在ウィルバー・パンと所属事務所も(盗作かどうか)確認中だ」と明らかにした。房振剛は、以前にもHighlightの楽曲の盗作議論に巻き込まれており、InstagramではHighlightのメンバー全員をフォローしたとされており、さらに大きな疑惑を受けている。

ウィルバー・パンの盗作疑惑に中華圏のネットユーザーたちは「リフレインが本当に同じだ」「ウィルバー・パンの剽窃は1つや2つではない」「もうネットユーザーのために剽窃も自由にできない」「バラエティーも盗作、歌も盗作、恥ずかしくて顔をあげられない」などの反応を見せている。

人気記事ベスト20