超新星ユナク、「2年前とは違う、もっといいロジャーを見せることを約束します」 ミュージカル「RENT」製作発表に出席

人気ダンス&ボーカルグループ超新星のユナクが5日午後、東京・歌舞伎町の新宿FACEで開かれたミュージカル「RENT」(7月2日-8月6日、東京・日比谷シアタークリエ)の製作発表に出席した。

ユナクは会見に先駆けて、マーク役の村井良大、ロジャー役を自身とWキャストで演じるCHEMISTRYの堂珍嘉邦、ミミ役をWキャストで演じる青野紗穂&ジェニファー、トム役の光永泰一朗ら総勢18人で、同ミュージカルのナンバー「Season of Love」を熱唱。続いて、堂珍&青野とともに「Another Day」をパワフルな歌声で表情豊かに歌い上げた。そして、再び共演者らと「I’ll Cover You Reprise」で声を重ねた。

「RENT」は、20世紀末のニューヨーク、イースト・ヴィレッジを舞台に、当時の若者のの生き方や世相をドラスティックに描いた作品。貧困、エイズ、ドラッグ、同性愛といった死と隣り合わせの生々しい問題に直面しながらも、愛や友情を信じ、夢に向かって輝き続けようとする姿が、バラエティー豊かなミュージカルナンバーによって生き生きと感動的に描き出されている。1996年の初演以来ブロードウェーで12年4カ月のロングラン、世界15カ国で各国版の上演、2006年には映画化もされた。日比谷シアタークリエでは2008年、2010年に気鋭の演出家エリカ・シュミットによる演出版を上演。2012年にはオリジナル版の演出を手掛けたマイケル・グライフによる新演出版でも上演し、熱烈なRENTファンの支持を受けた。連日満員御礼で熱狂的な盛り上がりを見せた2015年公演から約2年ぶり5回目となる今回の公演では、NALAWら新キャスト5人を迎えてさらなる進化を遂げる。

2015年公演に続いて堂珍嘉邦とWキャストでロジャー役を演じるユナクは「2年前に『RENT』をやった時はすごく緊張していて、なにがなんだかわからなかったんですけど、今回は新メンバーもいますが、前回に続いて堂珍さん、村井君、みんな揃ってまたもう1回、東京…また今回は地方公演まで『RENT』ができて、すごくうれしく思っています」と笑顔。「2年前とは違う、もっといいロジャーを見せることをこの場で約束します! 見に来てください。よろしくお願いします」と自信たっぷりに宣言した。

同ミュージカルには同じ韓国のグループで、日本で活動しているCODE-Vのメンバー、NALAWも出演。後輩から、「ユナクさんがいらっしゃって本当に心強いです。いろいろと教えてください」とお願いされると、「まかしとけ!」と頼もしいコメントでNALAWを安心させた。

ユナクが演じるロジャーは元ロックバンドのメインボーカル。役柄と共感する部分や、自身の体験が役に生きたかを問われると、「歌手としてロジャー役を演じるということは共感できるところもあると思います。超新星としてもソロとしても、今、すごい曲を自分で作って出しているんですけれども、『One Song Glory』のような、すごくみなさんに知られている曲がまだないんですよ。『One Song Glory』のような素晴らしい曲をみなさんに残せるために頑張る感じで演じたいと思います」とコメント。死ぬ前に生きた意味を残す歌を一曲書きたいともがいているロジャーの役柄と自身を重ね合わせていた。

公演日程
7月2日~8月6日 東京・日比谷シアタークリエ
8月10日     名古屋・愛知県芸術劇場 大ホール
8月17日~22日 大阪・森ノ宮ピロティホール
8月26日~27日 福岡・福岡市民会館

人気記事ベスト20