KARD、ブラジルの番組で人種差別被害に!! 両国のネットユーザーが罵り合い

男女混成グループKARDがブラジルのバラエティー番組で人種差別を受けていたことが明らかになり、韓国内のネットユーザーが激怒している。

KARDは15日(現地時間)、ブラジルのバラエティー「Truma Do Vovo Raul」に出演した。MCのRaul Gilは最初のうちは「ブラジルに来て何日経った?」「観光地はどこに行った?」などとあたりさわりのない質問をしていたが、KARDが男性2人、女性2人で構成されていることから、「この中にメンバー同士で付き合っている人はいるか?」と質問。メンバーたちは困惑した表情で「そういったことはまったくない」と応じた。MCはさらに「じゃあ、恋人がいるメンバーは?」と質問をぶつけ、メンバーたちは「いない」と答えた。

この回答を聞いていた観客席のKARDファンが歓喜すると、MCは客席に向かって、「じゃぁ君たちがKARDのメンバーと結婚する気なのか?」と言うや、両手で目尻を引っ張るジェスチャーを見せ、「(結婚したら)君たちも目が細くなってしまうよ」と発言した。この動作は、一部人種差別主義者らが東洋人を卑下するための行動だ。通訳はMCの発言をKARDには伝えなかった。

放送後、ネットユーザーたちは「これは明白な人種差別だ」「司会者をクビにしろ」「遠い国まで行って仕事をして大変なのに…きちんと謝罪を受けるべきだ」などと怒りの声を挙げた。韓国メディアもこの事実を報道し、このうちNetizenbuzzというサイトは、韓国のネットユーザーのコメントのうち過激なものを中心に翻訳していった。同サイトはK-POPが好きな外国人たちが、韓国内での反応を見るために訪れる場所として知られている。

同サイトを通じて自国を非難する韓国ネットユーザーのコメントに接したブラジルのネットユーザーたちも怒りを爆発。韓国とブラジルのネットユーザーたちによる罵り合いに発展している。Twitterでも、#doyouwantkoreaというハッシュタグが全世界トレンドランキングに入り、ブラジルのネットユーザーは、このハッシュタグとともに韓国を攻撃する内容を盛り込んだ書き込みをアップ。韓国のネットユーザーたちは#doyouwantbrazilというハッシュタグで対抗している。

その一方で、ブラジルの一人の司会者の無礼な発言と行動のために両国ネットユーザー同士の感情の溝が深まっている状況を懸念する声が高まっている。

※写真はYouTube&Twitterのキャプチャー

人気記事ベスト20