ソン・ジュンギ、「戦犯企業のCM拒否したソン・ヘギョに拍手送った」

俳優ソン・ジュンギが19日午後、ソウル・CGV龍山(ヨンサン)アイパークモール店で開かれた映画「軍艦島」の記者懇談会に出席。結婚を発表した女優ソン・ヘギョがかつて軍艦島と関係のある日本の三菱のCMを拒否したことについて、心の中で拍手を送ったと語った。

「軍艦島」は、戦時中の1945年、軍艦島と呼ばれた長崎県端島の炭鉱に強制徴用された朝鮮人たちの脱出を描いた映画。ソン・ジュンギは劇中、軍艦島から朝鮮人の脱出を助ける特殊要員パク・ムヨン役を熱演している。

ソン・ジュンギは「かつてソン・ヘギョが(軍艦島の炭鉱を運営していた)三菱のCMを拒否したという記事を見て、軍艦島について初めて知った」と明かし、「初めて記事を見て、心の中で拍手を送った」と語り、さらに「そのCMの依頼が僕のところに来ても、まったく同じことをしただろう。常識的な考えがあれば、そう行動しただろう」と付け加えた。

ソン・ジュンギは「(ソン・ヘギョが)今では愛する人になった。昔の行動を、よくやったと心から思う」と称賛した。

また、「軍艦島」のエンディングクレジットには、スペシャルサンクスとしてソン・ヘギョの名前も登場する。これについてリュ・スンワン監督は「ソン・ヘギョの事務所から撮影現場にコーヒーカーが送られたことがある。恩恵にあずかった人は、みんな感謝の気持ちで一杯だった」と代わりに説明した。同映画は7月26日に公開される。

人気記事ベスト20