東方神起ユンホ、除隊後初の日本ステージでカリスマ全開! 「すぐに東方神起としてあいさつします」

東方神起のユンホが除隊後初となる日本でのステージを大盛況裏に終えた。

ユンホは15日、京セラドーム大阪で開かれた「SMTOWN LIVE WORLD TOUR  Ⅵ IN JAPAN」の大阪公演に登場。強烈なカリスマが際立つ新曲「Drop」はもちろん、「呪文」「Why?」「We Are!」「Somebody To Love」などヒット曲メドレーを披露。視線を釘付けにするパフォーマンスと華やかなステージマナーでファンの爆発的な反応を引き出した。

特に今回の公演は、ユンホが除隊後、日本で披露する初めてのステージとあって、ユンホがステージに登場すると、観客は一斉に東方神起を象徴する赤のペンライトを振って一緒に歌うなど、まるで東方神起の単独コンサート会場を彷彿とさせるような盛り上がりを見せ、東方神起の変わらぬ人気とともに、アジアナンバーワンアーティストの地位を改めて証明した。

ユンホは「約2年ぶりに再びステージに立つことができてうれしく、待ってくださったファンの方々には本当に感謝しています。(完全体の)東方神起としてすぐにごあいさついたしますので、期待していただき、これからも多くの応援をお願いします!」とメッセージを伝え、日本ファンのを歓喜させた。

同ライブは16日にも同所で開催される。

※写真は(C)SMエンターテインメント

人気記事ベスト20