「私生活を暴露し動画を拡散させる!」芸能人彼女からの別れ話に激怒し脅迫したカフェチェーン代表を在宅起訴

芸能人の彼女が別れを要求すると私生活を暴露し、動画を拡散させると脅迫し、金品を恐喝した人気カフェチェーン「Coffeesmith」の代表ソン・テヨン被告が裁判にかけられることになった。

ソウル中央地検調査1部は11日、恐喝および恐喝未遂容疑でCoffeesmith代表のソン被告を在宅起訴したと明らかにした。

検察によると、ソン被告は2013年7月から女性芸能人キム某氏(28)と、キム氏が別れようと要求すると、2014年12月から2015年1月にかけて、「きれいに別れたいなら、お前に使った金やプレゼントを差し出せ」「1億ウォン出さなければ、金品を目当てに男性に近づく女だとマスコミや所属事務所に知らせ、これ以上活動できなくさせてやる」などの脅迫メールを送っていたことが把握された。

また、「動画を拡散させる」と脅迫したが、動画については存在していないことが確認された。

その後もソン被告の脅迫は執拗になり、自分がプレゼントした家具と現金10億ウォンを要求したことが明らかになった。結局キム某氏は現金1億6000万ウォン、時計2点、貴金属3点、家電製品3点、靴やバッグなど全57点を10回あまりにわたってソン被告に送っていた。

キム某氏は結局、今年4月にソン被告を告発した。これに対してソン被告は一部メディアを通じて「悔しい。私の立場では1月に『婚姻憑藉詐欺』で民事訴訟を請求した状態」と明かした。1億6000万ウォンを返したとも主張している。

報道を受けてCoffeesithのホームページにはアクセスが殺到し開かない状態に陥っている。

人気記事ベスト20