イム・シワンが現役で入隊! ファンの前で「元気で行ってきます!」

ZE:A出身の俳優イム・シワン(28)が11日午後、京畿道揚州(キョンギドヤンジュ)の新兵教育隊に入所した。

入所前する前には紺岳山(カムアクサン)会館でファンと出会いの時間を持った。短く髪を刈った姿で登場したイム・シワンは、韓国や日本から駆けつけたファン約200人の前で「いよいよ入隊することになりました。さっぱりした気分です。元気で行ってきます」とあいさつ。ただ、入隊前にやりたいしたい仕事はすべてやったのかと聞かれると、「すべてはできなかった」と残念そうな表情も見せた。

軍生活の覚悟を問う取材陣に「きちんと行って帰ってきます。うまくできそうです」と頼もしい姿を見せ、ファンから拍手を受けたりもした。

7分ほどファンと会ったイム・シワンは車に乗って新兵教育隊に向かった。同日午後2時、楊州市25師団の新兵教育隊に入所、21カ月にわたって国防の義務を履行する。除隊は2019年4月を予定している。

2010年、ボーイズグループZE:Aのメンバーとしてデビューしたイム・シワンはMBC「太陽を抱く月」で俳優業に挑戦。その後はドラマ「赤道の男」「トライアングル」「ミセン-未生-」、映画「弁護人」「兄思い」「ワンライン」「不汗党」などの作品に出演、ブラウン管とスクリーンを行き来しながら代表的な「演技ドル」として確固たる地位を築いた。入隊前最後の作品は少女時代のメンバー、ユナと共演したMBC新月火ドラマ「王は愛する」で、17日にスタートする。

人気記事ベスト20