ユ・セユン側、「SMTOWN LIVE」での障害者侮辱発言を謝罪 「アドリブの過程でミス」

お笑い芸人ユ・セユンが8日にソウル・上岩洞(サンアムドン)のソウルワールドカップ競技場で開催された「SMTONW LIVE WORLD TOUR Ⅵ in SEOUL」に出演した際に、障害者を卑下する発言をしたことについて10日、謝罪した。

ユ・セユンは同ライブに歌手MuzieとUVとして登場し、SUPER JUNIORのシンドンとコラボステージを披露した。

この公演でユ・セユンは「梨泰院フリーダム」の振り付けを観客に説明する中である単語を使い、障害者を侮辱する発言をしたとの話がネットを中心に拡散、非難が殺到した。一部では「障害者を差す単語ではない」と擁護する人もいたが、「子どもたちもいるのに過激な表現だった」という意見も多かった。

これを受けて所属事務所はこの日、「この8日の『SMTOWN LIVE WORLD TOUR Ⅵ in SEOUL』に出演したユ・セユンの発言で不快感を感じた方々がいらっしゃるなら、頭を下げて謝罪の言葉をお伝えします」と謝罪した。

さらに、「当時、ユ・セユンは久しぶりに『梨泰院フリーダム』のライブ公演を行って盛り上がった状態で雰囲気をさらに引き上げようとしてアドリブをする過程で適切ではない言葉を使ってしまいました。ユ・セユンはその単語が公的な席はもちろん、私的な席でも根絶しなければならない時代が作った『差別語』という事実を認知できなかった点について深く反省しています」と改めて謝罪した。

そして、「これからはより慎重に発言し、たくさんの方々のお手本となる放送人になれるるように精進して努力します」と付け加えた。

人気記事ベスト20