東方神起ユンホ、SMTOWN LIVEで新曲「Drop」を電撃披露! ズボン破れるハプニングも

東方神起ユンホが8日、ソウル・上岩洞(サンアムドン)のソウルワールドカップ競技場で開催された「SMTOWN LIVE WORLD TOUR Ⅵ in SEOUL」に登場、圧倒的なカリスマあふれるステージで会場を熱狂の渦に引き込んだ。

4月に除隊してから公式的なステージは初となるユンホ。その横にチャンミンはいなかったが、存在感は圧倒的だった。

ユンホはマイケル・ジャクソンを彷彿とさせる衣装とダンスパフォーマンスで最初から客席の視線を釘付けにする。大勢のダンサーを従え、新曲「Drop」を電撃的に初公開。2年間のブランクはまったくないほどキレのあるステージで客席を魅了した。

息を切らしながら「ドキドキする」と笑顔を見せたユンホは「このように大きなステージは本当に久しぶりなのでたくさん緊張しました」と率直な思いを吐露。そして、「みなさん、初めてのステージは大丈夫でしたか?」と呼びかけ、「多くの先輩、後輩とステージを飾っています。みんな楽しんでください。。きょう『SMTOWN』をやるのに東方神起のメンバーとしては私ひとりで舞台にあがるので、とても心配でした。それでチャンミンに連絡をしたら『お兄さんのイメージをすべて見せてほしい』と言われました」とチャンミンから激励を受けたことを明かし、まもなく完全体でカムバックすることを約した。

ハプニングも起こった。「僕が公演をするたびにズボンが破れますが、きょうも頑張りすぎて破れました」と明かして爆笑を誘った。着替えるためにユンホがステージから下がるとファンは「チョン・ユンホ」を連呼し、除隊後初となる大規模コンサートに緊張しながらも全力のパフォーマンスを披露してくれたユンホの情熱を称えた。ステージに戻ってきたユンホは「多くのスタッフたちが苦労している」と裏方のスタッフにも気遣いを見せ、ユンホのステージを見ていたイ・スマンSMエンタテインメント代表はユンホに向かって親指を立てた。

ユンホは、東方神起のヒット曲「呪文」「Why?」、「Somebody To Love」の韓国語バージョンをメドレーで披露。”一人東方神起”としてステージを縦横無尽に駆け回るなどエネルギーあふれるパフォーマンスでファンを喜ばせた。

人気記事ベスト20