ソ・テジ側、防弾少年団の「Come back home」MVに対するファンの叱責に謝罪

歌手ソ・テジ側が、防弾少年団の「Come back home」のミュージックビデオをめぐる一部ファンたちの叱責について謝罪した。

ソ・テジ側は8日、公式コメントを発表し、「防弾少年団の『Come back home』に送ってくださった大きな関心、ありがとうございます。ミュージックビデオ映像が公開された後から、多くの方々の愛情のこもった叱責がありました。多くの方々の期待を十分に応えることができず申し訳ありません」と謝罪した。

さらに、「リメーク企画の特性上、十分ではない予算編成の問題と参加した個々のミュージシャンたちの撮影スケジュールの確保など困難があり、当初ミュージックビデオは企画されていませんでした」とし、「各アーティストたちが最善を尽くして作った大切な曲を記念して音楽を鑑賞される方々に原曲の思い出と各ミュージシャンたちの尽きない話などを差し上げられる楽しさがもっとあるのではないかという願いから、不足した予算でしたが、全曲のミュージックビデオを制作することに決定しました」と経緯を説明した。

そして、「このように始まった企画であるため、通常のアーティストプロモーションのための正規ミュージックビデオとはちょっと性格が異なる部分を理解していただき、今後公開されるミュージックビデオも気楽に鑑賞していただければ幸いです」とファンの広い了解を求めた

これに先立って一部のファンからは、「Come back home」のミュージックビデオにソ・テジや防弾少年団のメンバーが出演していない点など、完成度について指摘する声があった。

人気記事ベスト20