チュ・ジフン&Brown Eyed Girlsガインの所属事務所、「破局したのは事実」

俳優のチュ・ジフンとBrown Eyed Girlsのガインが3年に及ぶ公開恋愛の末、破局した。

チュ・ジフンの所属事務所キーイーストとガインの所属事務所MYSTICエンターテインメントは7日、「2人が破局したのは事実だ。その他の詳しい事項は私生活の部分なので申しあげにくいことをご了承お願いします」と明らかにした。

チュ・ジフンとガインは2014年5月に熱愛を認めた。同年1月、チュ・ジフンがガインのソロアルバムプロモーションビデオ「F××K U」に出演し、濃密な愛情シーンを演出して話題になったりもした。

その後、チュ・ジフンとガインは公開的にデートを楽しみながら愛情をアピールしてきた。特に各種音楽フェスティバルやポップスターの来韓公演を一緒に訪れた姿がしばしばキャッチされた。ガインはMBC芸能番組「ラジオスター」でチュ・ジフンの映画「阿修羅」を積極的に広報したりもした。

チュ・ジフンは映画「阿修羅」以降、映画「工作」「神と共に」などを通じて活発な作品活動を続けている。

ガインは最近、SNSを通じてパニック障害など精神的な困難を訴えた。特にチュ・ジフンの友人から大麻を勧められたことを暴露し、警察が捜査に乗り出すなど波紋を呼んだ。

人気記事ベスト20