キム・ソヒョン、マネジャーと新事務所設立へ?! サイダスHQは「議論中」

女優キム・・ソヒョン(18)が所属事務所を離れ、マネジャーとともに事務所を立ち上げ独り立ちすると2日、一部メディアが報じた。

報道によると、放送関係者の話として、現所属事務所サイダスHQとの専属契約終了を控えたキム・ソヒョンが再契約をせず、事務所を設立して独り立ちすることを決心した。長い時間を共にしたマネジャーと2人で活動を継続するという。

これに対してサイダスHQ関係者は「事実ではない。 現在、再契約を調整中だ」と明らかにした。同社によると、キム・ソヒョンは現在、専属契約が満了した状態だが、「先だってドラマ放送終了後の再契約を議論すると言った立場と変わったことがない」と説明した。

2008年KBS 2TV「伝説の故郷–坊や清算行こう」で子役デビューしたキム・ソヒョンは、「製パン王キム・タック」「チャクぺ 相棒」「太陽を抱く月」「屋上部屋のプリンス」「会いたい」「IRIS2」「君の声が聞こえる」などさまざまなヒット作で、主人公の子役を務めて存在感を見せた。2015年にはKBS「Who are you-学校2015」と「悪夢先生」「キスして幽霊!~Bring it on,Ghost」を経て、ワントップ女優としての可能性とスター性を見せた。現在放送中のKBS「君主」に出演している。

人気記事ベスト20