TWICE、「ミュージックステ―ション」で爽やかでハツラツとした魅力を発散!

TWICEが日本を代表する音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系) に出演し、爽やかでハツラツとした魅力を発散し、現地ファンを魅了した。

TWICEは30日午後8時から生放送されたテレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演した。1986年10月から放送された「Mステ」は、31年が経った現在までも日本で最も人気を集める音楽番組。日本を代表する歌手及び海外の有名ポップスターをゲストとして招待するこの番組に新人アーティストが出演するのは非常に稀なことだ。しかもTWICEが現地出身でもない新人としてデビューアルバム発表からわずか3日目に出演したということがより話題を集めた。

TWICEは韓国の女性アーティストとしては2015年12月のBoA、K-POPガールズグループとしては2012年6月の少女時代以来の出演だ。

この日、TWICEの「この曲のダンスが好きランキング BEST25」というテーマのコーナーでは「TT」が19位にランクイン。日本でもTTポーズが浸透していることを証明した。そのままTWICEを紹介する映像が流され、続くトークでは全員で声を揃えて元気にあいさつ。日本人メンバーのモモ、サナ、ミナがTWICEのメンバーにキャスティングされたストーリーを披露した。モモは「私たち3人は日本でスカウトしていただいて、私はYouTubeにダンスの動画をあげたら、それを韓国の会社の方で見ていただいて、それでオーディションを受けて韓国の方に行きました」と説明した。サナは「私とミナは関西出身で、大阪で歩いているときに韓国の事務所の方にスカウトしていただいて、それが韓国に行くきっかけになりました」。TTポーズをうまくやるコツについてはミナが「ポーズするときに人差し指が中の側に入りやすいんですけど、ひじをグッとあげていただくと人差し指がまっすぐ下に行くので」と説明したが、メンバーたちが一緒にポーズを見せるときに誰かのマイクがこすれたのかものすごい雑音が出て、関ジャニ∞のメンバーから「大丈夫、大丈夫? マイク気を付けてよ」と突っ込まれる場面もあった。そして、「Mステ」で「TT」の日本語バージョンの初ステージを控えている感想をきかれると、リーダーのジヒョが明るい笑顔を見せながら「『ミュージックステーション』初出演でとても緊張していますが、がんばります」とたどたどしい日本語で意気込みを披露した。CMをはさんで「TWICE」の英文イニシャルが書かれた衣装を着て「TT」の日本語バージョンを元気にパフォーマンスした。

TWICEが出演すると、YAHOO!ジャパンの話題のキーワード1位に「TWICE」、3位に「TTポーズ」が入るなど注目を集めた。

6月28日に発売された日本デビューベストアルバム「#TWICE」は3日間オリコンデイリーアルバムチャートで2位を記録。初日に4万6871枚、2日目に2万7524枚に続き、3日目も1万5795枚を売り上げている。

日本デビューと同時に現地で人気を博しているTWICEは、7月2日には東京体育館でショーケース「TWICE DEBUT SHOWCASE Touchdown in JAPAN」を開催する。デビューショーケースとしては異例の1万人規模のアリーナ公演会場で行われる今回のショーケースは、当初1回の予定だったが、現地ファンの声援に支えられてさらに1回を追加し、計2回で行われる。

※写真はテレビ朝日放送画面キャプチャー

人気記事ベスト20